FFCテクノロジー千羽鶴を届けに

ここにひとつ消えゆく生命を取り戻すために、FFCの力を纏う千羽鶴を贈ります。

この千羽鶴は特定非営利活動法人Future Dream Achivement(FDA)から譲り受けました。

お言葉をお借りします。 

“FDAの利用者が、何度も練習を重ね一羽ずつ丁寧に折り作成しました。”

託された一羽一羽の鶴達はきっと「しあわせ」を集めてくれます。

【FFC処理の方法】

さて、千羽鶴が到着しました。

FDAのご担当者様、お忙しいなかすぐに届けていただきありがとうございます。

植物、食材、木に繊維、全て共通しますが、FFC処理はFFCウォーター(パイロゲン希釈水に類似)に浸す、つまり何らかの方法で対象に浸透させて行います。

今回は素材が紙ですので、パイロゲンのを霧吹きで吹きかけて浸透させたのち、

蒸発を最小限に抑えるためビニールに密封して乾かします。

パイロゲンは多くの場合希釈して使用しますが、今回は一世一代の機会なので原液を選択します。

想いを乗せて。

▼作業中の動画もご参考になさってください。

【完成!】

 袋にいれたまま一晩ベランダで乾かしました。

では、大事な人に届けたいと思います。

一度FFC処理すれば持続する見込みですが、訪れる度に霧吹きでFFCを重ねる予定です。

【最後に】

体を離れても心は一緒です。

でももう少し、できればもう一度あの日と同じように、笑って話したいなあ。

ありがとうもさよならもまだ言えてない。

頑張ってる頑張ってる。

頑張ってる頑張ってる。

頑張ってる頑張ってる。

頑張ってる頑張ってる。

それでも、戻ってこい。

自然派ガーデン・東京はFFCテクノロジーを世界に届ける唯一の存在です。